CATEGORY : RUNNING

コラム「通勤ランでトレーニング!」

report_headerimage サラリーマンランナーにとって悩みなのは、練習の量が少なくなってしまう事。
土日に練習をあてても、家族サービスや土日が雨でトレーニングできなくなってしまう事も多いでしょう。
そこでオススメなのが、通勤の時間を練習にあてること。
今回は、社内のランナー二人に通勤ランをどのように行なっているかインタビューをとってみました。


runnner_image1
今回インタビューを行なったのは、社内のマラソン好きのランナーお二人。
同じ部署と言うこともあり、通勤ランも途中まで一緒に行う事も多いとのこと。

Y氏(右):ベストタイム:(ハーフ)1時間36分(フル)4時間18分
H氏(左):ベストタイム:(ハーフ)1時間55分(フル)5時間31分

通勤ランですが、どのくらいの距離を走るんですか?

runnner_image1
Y:「普段の練習頻度(週に)は2~3回。でも少し足りないので、通勤ランニングを週1~2回入れています。
帰宅の距離は、まっすぐ帰れば15km。通勤ランは同じルートになりやすく飽きてくるので、走るコースに変化をつけています。途中に長居公園や大泉緑地があるので、そこを周回しながら走る距離を追加したりして長めに走ることが多いです。あと、途中で体調不良やケガした時などに備え、走るコースと最寄りの公共交通機関を事前チェックするようにしています。」

H:「普段の練習は週に2回、通勤ランニングの頻度は週1回です。家まではまっすぐ帰れば14km弱ですが、走るコースに変化をつけるためコースは毎回変えています。いろいろな筋・通りを走っています。夕方から夜に走ると昼間とは違った大阪市内の風景を見ることができるのが楽しいですね。公園では大阪城公園が多いです。」


通勤ラン時に気をつけている事は?

runnner_image1
Y:「一般道なので、暗くなってくると道路状況がわかりにくくなるので、こけないようにしているのと、車や自転車、歩行者などにも気をつけるため、安全な速度でゆっくり走る事を、心がけています。速く走りたいときは、途中の長居公園や大泉緑地の周回路など安全な場所で。 週末など休みの日にスピードUPの練習をすることで、練習強度を分けていますね。」

H:「私も、暗くなってくると道路状況がわかりにくくなるので、後方からの車や自転車、歩行者などに特に気をつけています。」

通勤ランの魅力と、注意点

runnner_image1
練習量を増やす事が出来る通勤ランですが、夜道の一般道を走る事になるので、スピードの出し過ぎや車や自転車、歩行者に気づいてもらうために反射板やタスキなどを着用するのがオススメです。トレーニングとは言え通勤である事に違いは無いので、事故やトラブルで会社等に迷惑をかける事になるのは絶対避けたいところです。

帰る際に着て来た服等の荷物を会社に置いておくようにして、できるだけ身軽に走れるようにしましょう。また、着替える場所を確保する事も重要です。

通勤ランは、続ける事が重要。いくつかコースを考えローテーションする事で飽きないトレーニングにしましょう。