「四十肩」「五十肩」を予防しよう

「四十肩」「五十肩」などと言ってお仕事を休まれてしまったご経験はありませんか。一般的に「四十肩」「五十肩」などと言われる肩や腕の痛みは、肩関節の周辺部分にある靭帯の緊張やこわばりなどからくるもののようです。ふと頭上にある棚の物を取ろうとした瞬間や、電車やバスの中でつり革を掴んだ瞬間に、突然の痛みや刺激を感じることからその症状に気付かれる方が多いようです。何気ない日常生活の行動のなかで、肩や上周辺の筋肉に違和感を覚えた時は、「四十肩」「五十肩」などのサインであるかもしれません。マッサージや整体などに通われることも症状の軽減につながるかもしれませんがそのような処置が、かえって炎症を強くしてしまう可能性もありますので、強い痛みを感じるような場合は、専門医などにご相談いただくことをお勧めいたします。「四十肩」「五十肩」を予防するためには、日頃からお仕事中や生活習慣のなかで、肩関節の周辺部分の筋肉などの緊張やこわばりをゆるめるエクササイズを行うことも大切な予防習慣となるはずです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です