食材のもつ素材の力を活かした食事

「薬膳」とは、食材のもつ素材の力を活かした食事の事を言うようです。
「薬食同源」「医食同源」などの言葉が表わす意味は、日常からその人自身に適したバランスの取れた食生活を心掛けていれば、健康を維持できるというような漢方の基盤を表わしています。
漢方と言うと、杜仲や霊芝、冬虫夏草、ローヤルゼリーなどの高価な漢方薬を想い浮かべる人々がほとんどであるかもしれませんが、漢方の考え方の基盤は、日常の食生活を整える、正しい知識を持つ事にあるようです。
本格的な薬膳料理を作ろうとすると、それなりのプロの知識が必要となりますが、一般的な人々が、身近にある食材の力を知る事で、健康的な生活を送る事ができるのだというベースとしての気づきが、まずは重要です。
毎日、缶ジュースやペットボトルのジュースをお腹いっぱい飲み続け、きちんとした食生活を築かずに、スナック菓子やファストフードばかり口にしていたら、年齢とともに様々な弊害が出くるのではないかという懸念は、誰しもが考えつく事ですよね。食生活は、皆さんの基盤となる「命=エネルギー」を蓄える直接的な行動なのです。日々の食生活を見直す事で、皆さんが抱えている健康へのお悩みが解決できるかもしれません。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です