大麦若葉

大麦の若い葉の部分のことを大麦若葉というそうです。イネ科の植物で、生命力の強い大麦の新芽を摘み取って有効成分を抽出して精製したものだそうです。緑黄色野菜より多くのミネラルやビタミン、酵素などを含んでいるそうです。このことから、健康飲料として青汁に加工して販売されているそうです。カリウムやカルシウム、マグネシウム、亜鉛、銅、鉄などのミネラルや葉緑素などが有効成分として上げられているそうです。ビタミンAの前駆体であるβカロテン、ビタミンB1,ビタミンCなどの各種ビタミン、トリプトファンやアラニンといったアミノ酸などが含まれているそうです。大麦若葉に多く含まれている葉緑素には、コレステロール値を下げる、血栓を防ぐ、血圧を低下させる、貧血を改善させる、細胞の強化、解毒、整腸、炎症鎮静、抗がんなどのたくさんの働きがあるといわれているそうです。カリウムは血圧の上昇を防ぐといわれているそうですし、マグネシウムは血小板が固まるのを防いだり、骨の正常な代謝を維持させるそうです。ビタミンB1、ビタミンC、βカロテンなどが細胞の新陳代謝を活性化させるそうです。老化因子とされている活性酸素を無害な酸素にするといういわれているそうです。たくさんの有効成分の総合的な作用によって、生活習慣病や精神の安定、さまざまな病気などに働きかけるといわれているそうです。2型糖尿病患者の場合に大麦若葉とビタミン類との併用で活性酸素の除去や血管疾患の予防につながったということもあるそうです。大麦若葉の葉緑素に含まれているフェオフォルバイドを多量に摂取すると、皮膚に障害を起こすといわれているそうです。食品中の少ない量ならば特に問題はないそうです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です