「にんにく」

古代エジプトの医学書などにも薬品として、記録が残る「にんにく」は現代の日本食を支える上で、欠かすことのできない食品であります。にんにくは、その栄養価から 健康食品や健康ドリンク剤にも多く使われています。イタリア料理などには、ガーリックなどとして必ず使用されている食材ですが、火を通すお料理だけではなく、生食などもされますが、その独特の刺激性のある匂いと味覚から、現代人の多くは生食では食さない食品とされています。最近の研究では、がんや生活習慣病を予防する食品の一つなどともされているようです。にんにくの仲間としては、行者にんにくや らっきょうなども滋養強壮として用いられています。またその仲間の一つに、「のびる」と呼ばれる植物は、民間療法などで滋養強壮や、肩こり、生理不順の治療や、予防などとして使用されていたようです。 にんにくは、健康を保つ食材としてとても有名ですが、食欲増進や、整腸、疲労回復、体力増強、抗菌作用など様々な効用があると言われています。何よりも、ニンニクを入れたお料理は大変香りも、よく美味しくなりますので、にんにく愛好家は多いのではないでしょうか。ですが、大量に食べ過ぎますと胃腸炎などを起こす可能性がありますので、胃腸の弱い方はどうぞお気を付けください 。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です