「ジャム」はどうして腐らない?

「ジャム」はどうして腐らないのでしょうか?そんな疑問を幼い頃に考えて記憶はありませんか。大人になってもその疑問が解決されていない方多いのではないですか?ジャムの不思議を考えてみましょう。いちごジャムや、ブルーベリージャムは、素は、「いちご」や「ブルーベリー」の実ですよね?生のいちごや、ブルーベリーを煮込んで、さらに、お砂糖を加えて、ドロドロにします。事の期に、加熱する事で、いちごやブルーベリーの実の中の細胞たちは、呼吸ができなくなって死滅してしまいます。また、実に付着していた、カビなどの微生物も一緒に死滅してしまうのです。

そこに、お砂糖を加える事で、今度は、いちごやブルーベリーに含まれていた水分に微生物が住み着かないようにしいてしまうので、ジャムは腐りにくくなるのです。そして、ジャムを手作りした事がる人は知っているかもしれませんが、レモン汁をちょこっと加えたりしますよね?あれも実は、レモン汁には抗菌作用があって、ジャムが菌から強くなるのです。そして、ジャムを入れる瓶なども、煮沸消毒すれば、細菌たちが、ジャムに近寄れなくなるっていう仕組みなのです。昔の人々は、食べ物が少ない冬などを乗り切る為に、このような工夫をして、厳しい季節を乗り切ったのです。ジャムの他には、ハムやソーセージ、ベーコンなども、保存食として冬仕度として備えていたようです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です