「贈り物のハムの詰め合わせ」の中に入っているハムの種類いくつ知っていますか?

「贈り物のハムの詰め合わせ」の中でも、中心的な存在感として、多くの日本人に愛され続ける「ロース ハム」は、現代の日本では、精肉店ではもちろん、コンビニや、スーパーマーケット、お土産売り場、デパートの催事場など、様々な売り場で購入する事が可能です。様々な売り場で購入できる「ハム」のスタイルは、スライスされ真空パックされたものから、大き目のブロックタイプのもの、さらに、たこ糸で包まれたスタイルのものや、布と糸の合いの子のようなものに覆われたスタイルなど、外見は大きく異なりますが、全て、日本では「ハム」と呼ばれています。「ロースハム」は、豚の部位の中でも「ロース」と呼ばれる、主に肩から腰にかけての背中の部分の食肉で加工された「ハム」を「ロースハム」と呼んでいます。「ロースハム」は、日本人にとって「贈り物のハムの詰め合わせ」の中に、常に代表入りを果たすほど、人気者の著名なハムになります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です