お歳暮の断り方を知ろう

お歳暮は日本の素晴らしい文化の一つだと思いますが、人によっては断りたいこともあるでしょう。例えば政治家や公務員の人は下手に受け取れませんし、仲の良くない人から受け取るのが憚られることもあります。そのような場合、丁寧に断る必要が生じます。ところで堂々と断れるケースとしては、会社の規定で禁止されている場合、公務員や政治家である場合、退職後の場合、仲人を担ってからしばらく経過した場合、他界した配偶者の友人から贈られてくる場合、年金暮らしで返礼するのが困難な場合、そもそもお歳暮という習慣に疑問抱いている場合等が考えられます。これらのいずれかに当て嵌まる人であれば、マナーを逸さないという条件家で、断っても差し支えないでしょう。精神的には辛いものですが、結果的に相手の経済的負担を軽減することにもなるわけですから、ポジティブに捉えるようにしましょう。お歳暮の怖いところは、長年に渡りやり取りした人との関係性を、中々断ち切れなくなるところにあります。それでも人間関係は永遠に続くものではありませんから、適切なタイミングで勇気を出すことも必要です。

 断る方法について、具体的にご説明しましょう。一番良いのは、お礼状で断りを入れることです。「今回頂いたお品物は有難く頂戴します。しかしながら、今後はお気遣いいただかなくても結構です」などとしたためれば良いでしょう。そこまで丁寧な文面で知らせることが出来れば、相手も無理に続けようとはしないでしょう。気を付けたいのは、電話やメールのみで断ってしまわないことです。失礼に当たると同時に、緊張して上手く話せないこともあります。相手がすぐに受け入れてくれればまだしも、渋ったりすると、さらに断り辛くなります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です