付加価値の差別化

商売というのは、原価率が低ければ儲かるわけではないといいます。原価率30%のお店は70%以上が付加価値として感じられない場合、お客様は非常に不満足と感じられ、中には裏切られたと感じる人もいるそうです。陳列された商品が、原価に対して妥当な付加価値しか感じられなかった場合にも、お客様はがっかりしてしまうと言います。これは「付加価値の差別化」が問題になっているようで、これに成功した場合、お客様にとって「とてもお得な買い物をした」と思ってくれるようです。これは、個人の物でもそうですが、お歳暮などの贈り物でも同じことが言えるでしょう。送った相手が、商品自体に限らず、ラッピングの雰囲気やその他のサービスまで気に入ってくれたら、送り主の満足度は非常に高くなると言えるでしょう。このことから、コンセプトの具現化というのは、お客様の想像を上回るように考えることが大切と言えるでしょう。例えば、アニメの世界観を作って食事を提供するレストランの場合、メニューブックもアニメの世界を踏襲しながら、料理の説明をしなければならないと思います。その商品を紹介する説明文や紹介サイトを見るのもひとつの楽しみであるということを忘れないようにしなければならないそうです。つまり、オリジナル商品や名物商品、お値打ち感のある商品、斬新な商品デザインを考え尽くすことは、商品の付加価値を高めることといえるでしょう。そういった努力の積み重ねが、不動の人気を誇る商品へと繋がっていくのではないでしょうか。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です