アピールポイント

オリジナリティーあふれる商品を作ったら、それをアピールしなければいけないと思います。その商品の持っている個性やアイディア、話題性をアピールすることが大切でしょう。
お歳暮の陳列一つにしても、商品の紹介を読んだときに、お客様が求めているものが明確に記されていない場合、注文はしてくれないと思います。
お客様がお店に入ってきた動機を考え、店の雰囲気にマッチした商品を分かり易く陳列しなければいけないと思います。
おしゃれなカフェなのに、メニューブックが古めかしいものでマジックの殴り書きのようなものでは、お客様も戸惑ってしまいます。このように、お客様の求める価値観と商品のレベルにズレがないようにしたいものです。それがぴったりと一致したものが、人気商品として根強く残っていくとも言えるでしょう。また、お客様はアイディアを求めているわけではないそうです。面白いアイディアだけを並べたところで、そこに付加価値を感じなければ商品の注文はないのではないでしょうか。同じジャンルの商品を販売しているお店はたくさんありますが、そんな中でオリジナリティを発揮しようと、アイディアばかりに走るのは危険と言えるでしょう。アイディアは大切ですが、その使い方と方向性はしっかりと見極めるべきと言えるでしょう。店のコンセプトがきちんと入っているような特別なこだわりを感じられる商品を開発できることが一番のアピールとなるのかもしれません。