お店を選ぶ決め手

お店はお客様が商品を購入してくれなければ話にならないと言えるでしょう。それが期間限定の「お歳暮」を専門に扱っていたとしても、同じことではないでしょうか。お客様はまず「あの店のあの商品」という気持ちがあって注文したり来店したりしてくれると思います。お客様が集まるお店というのは、例えば人気のラーメン屋で行列が絶えないところなどでは、天気によって味を微調整しているということもあるそうです。名物料理があっても変わりやすいお客様の嗜好に合わせていかなければ、お客様は離れていってしまうと思います。また、競合店がひしめく現在、特徴のないありきたりな料理やメニューではお客様は立ち止まってもくれないと思います。人気のお歳暮なども、年度によって様々でしょう。
その店でしか食べられない味、その店でしか手に入れられない商品というのを目指して、商品開発をするべきだと思います。
商品一覧等への表示も他と差別化を図ることを意識しなければならないそうです。例えば「健康食品」を販売する店として営業しているならば、「美肌のための~」などの言葉を添えたりするといいかと思います。もちろんそんな言葉を添えるためには材料から吟味するということになるかと思いますが、そこをまたウリにできるようになるかと思います。
今は女性のお客様をターゲットにするということと、熟年層をターゲットにするということも必要だそうです。それだけでなく、いろいろなコンセプトを融合するのもいいかと思います。子どもと若い夫婦をターゲットにするのもいいですし、熟年夫婦をターゲットにしてもいいかと思います。
独自性の商品を作るためにも、ターゲットを考えていくのは大変重要なことのようです。