「ツボ」を感じてみよう

東洋医学では、「経絡」と呼ばれるものが、全身に広がっているなどと考えられているそうです。全身の気や血流が、滞りなく流れることによって、皆さんは、健康に過ごしていけることができるのだと考えられている東洋医学の中では、血液が溜まりがちな場所や滞りがちな場所が、「ツボ」と呼ばれるもののようです。なんだか肩こりが・・・、頭痛が・・・、腰痛が・・・。などと体調の不調を訴えるときに、ツボを押すとなんだか、ほっこりと楽になるようなことはありませんか?滞った気や血の流れを良くすることで、全身に張り巡らされる経絡が、皆さんにエネルギーや、活力をもたらしてくれているのかもしれませんね。東洋医学では、どうしても目に見えにくいものなどが、表現として使われてくることもあるので、なかなかその存在を信じることができない方々もいらっしゃるかもしれませんが、何かしら体調の不良や不調を感じている時に、ツボと言われる場所を軽く押してみてください。目に見えないものを感じとることができるかもしれません。