「ツボ」の不思議

皆さんは、日常的に目の疲れを感じた時などは、目をマッサージしますか?肩こりを感じた時には、肩もみをされますか?腰痛を感じた時などは、腰を温めたり、マッサージしたり、施術をされますか?多くの人々は、身体的に現れる不調を改善しようとする際に、その患部を施術しようとされますが、東洋医学で考えられている「ツボ」押しは、必ずしも皆さんが体調不良を訴える患部に刺激を与えるようなものではありません。

例えば、足の裏を刺激することによって、頭痛が改善されたりですとか、耳のツボによって腹痛が治ったなどというのは、全身が繋がっていて様々な体の繋がりが、お互いの働きに作用しているというようなことを表しているようです。体の一部に、不調などを抱えていたとしても、その幹部だけを治療すれば良いというものではなく、全身に伴ったケアを行っていくことが健康への近道となりそうです。東洋医学では、全身が、繋がっているという考えのもとから、身体的な体調の不良を試みていくようです。